平日夜21時まで診療・予約優先・各種保険取扱

新琴似中央整骨院

 通院が便利に!
駐車あり

電話:764−7557

診療時間 9:00~12:00
                15:00〜21:00
休診日:土・日・祝日
中央バス 麻06 新琴似6条12丁目バス停より徒歩1分

HOME | AKA療法とは

AKA療法とは??

レントゲン、MRIでも異常がないと言われたが、腰が痛い

AKA博田法について

腰痛の原因を探る検査の一つです。
そして、治療技術の一つでもあります。

この治療を行なっている病院は少ない為、あまり知られてはおりませんが、徒手でアプローチします。一般的な整形外科では、問診を経て、腰痛の原因を探る為、レントゲンやMRIの画像診断、徒手における整形外科テスト法による患者さんの症状(痛みや痺れ)を総合して診断されます。その後、必要な薬を処方、ブロック注射などの処置を行い、経過観察していきます。
 
一方で、画像やレントゲンなどには写らない疼痛を見極めるには、AKA療法を用いて治療することも有効です。
 
さらに、整形外科等でレントゲンやMRIに異常があり診断(病名)されていても、痛み、痺れ、重だるさなどの症状に対して、AKAを活用することができます。もし、仙腸関節の関節機能障害が原因であれば、症状の変化を感じることができます。極端な例を言うと、手術と判断されたケースでも、AKAを行う事で、症状が改善してよくなったという方も多くいます。また、手術をしたが、痛みの変化が見られない場合にも、一度試してもらいたい治療です。反対にAKAを行なっても症状が改善しないケースは、仙腸関節の障害ではないということもわかり、他の治療の選択ができますので、検査的治療法とも言われております。

 
AKA療法

痛みの伴わない治療です。

治療は、カイロプラクティックとか整体ではなく、ソフトに関節の運動を正しい運動に導いていきます。いわゆるソフトセラピーです。なので、筋肉へのアプローチではなく、関節の包内運動を作り出し、本来あるべきの関節可動性を引き出します。なので、急性のギックリ腰にも対応できます。また、近年増えている脊柱管狭窄症に対してもより良い結果が出ております。仙腸関節から及ぼす、膝痛にもアプローチができますので、お気軽にご相談ください。